3.弁護士に相談するタイミング

前回、ブログを更新したのが4月。日々の仕事に追われ、あっという間に半年が過ぎてしまいました。夏ももう終わってしまいましたね。

春から夏にかけて、いろんな方との出会いがありました。出会いのたびに、何かしらの感動があり、人との出会いほど自分を成長させてくれるものはないなと実感する日々ですが、その話はまた別の機会ということにして。今日は、別のお話。

この5か月、何度も話題になったのが、「やっぱり弁護士はこわい」「いきなり相談には行きづらい」という、弁護士へのアクセスの難しさです。自分が弁護士になってしまうと、こんなしょーもない私が怖いなんて・・と感じてしまうのですが、弁護士の数が昔より増えているのに、何かトラブルがあったときに気軽に相談できる、という雰囲気を作り出すにはまだまだ私たちの努力が足りないようです。

あくまで、私の考えではありますが、医者と弁護士、病気と法律トラブルはどこか似ています。どちらも早目が肝心、大事に至る前ならいろんな意味でコストやリスクを減らすことができます。継続的に病院に通わなくても自力で治せる病気があるように、わざわざ弁護士を頼まなくてもご自分で解決できるトラブルもあります。ただ、トラブルの初期に、1度、そのトラブルがどんな類型のもので、どの程度深刻さを持っているか(裁判沙汰になるのかどうか、どれくらいの時間で解決しそうか)、自力で解決できそうか、などなどの診断だけは受けておかれるといいと思います。病気だって、自然治癒するものに強い薬はいらないこともあるし、緊急に手術が必要なものから経過観察をしてから手術するかどうかを決めるということもたくさんありますよね。体の調子がおかしいなという時に早目にお医者さんにかかることがお勧めなのと同じように、今発生している、あるいは発生しそうなトラブルについては、早い段階で弁護士にかかることをお勧めします。

法律トラブルの解決でご飯を食べさせてもらっている私たちが言うのもなんですが、当事者の話し合いなど自力で解決できるならそれが1番です。検査の結果、手術が必要な病気ではないことがわかった時に喜ばないお医者さんはいないのと同じで、私たちもお客さんが私たちに依頼しなくてもご自分の力でトラブルを早期に解決できそうだとわかったときにはほっとします。「弁護士を頼まないと大変なことになりますよお」と脅したりはしないので、どうか安心してご相談にいらして下さい。

(五十嵐)